寄り道情報



寄り道新着(鹿狼山以外の写真情報)
(画像が表示されない場合は右クリックで画像の表示をクリックしてください。)
・20176年02月01日 宮城蔵王えぼし今シーズン15回目。 NEW!
・2016年02月03日 宮城蔵王えぼしスキー。 NEW!
・2015年02月22日 山形蔵王スキー。
・2014年07月29日 北アルプス焼岳登山。
・2014年07月15日 東大巓登山。
・2014年05月02日 霊山散策紫明峰。
・過去ログのページへ

・2016年02月01日 宮城蔵王えぼしスキー今シーズン15回目。


今年も雪が少なく正月過ぎまで一部のみ滑走可能で楽しみにしていた多くのスキーヤー はがっかりだったと思います。今は雪もほぼ充分に降り、全コース楽しめます。今日は 天気も良く遠くの山々まできれいに見られる絶好の天気でした。

   
えぼしに向かう遠刈田温泉の手前ですが道路から見える宮城蔵王の景色がきれいで 車を止めて写真に収めました。真っ白いところが刈田岳、左にえぼしスキー場が見えます。
休日はスキーヤで賑わう高原ゲレンデ今日はほとんど人がいません。右側がクワッドリフト 乗り場です。
高原ゲレンデを上から撮影、正面が高原ゲレンデのレストハウス。
石子ゲレンデ、正面の建物がゴンドラの到着場所。
石子ゲレンデから、かもしかリフトでダイナミックコースに出たところ、眼前に白くなった 蔵王の山々、左の尖った山が雁戸山、右に神室岳、大東岳等が見えます。

・2016年02月03日 宮城蔵王えぼしスキー場。


今シーズン13回目のみやぎえぼしスキーですが、今シーズンは雪が少なく1月中旬近く になって初めて全面滑走が可能となりました。この様なことは初めてです。しかし今日は 初めての青空、蔵王連山がきれいに見えます。

   
えぼしのリフト頂上から後烏帽子を撮影、白く見える雪原をスキー担いで登り滑ってくる 人もいます。
チャレンジコースの頂上から蔵王連峰を望む、左に白く見えるのが雁戸山、右側に大きく そびえるのが神室岳となります。
蔵王連峰の先には大東岳、舟形山、泉ヶ岳も見えます。
ここがえぼしで有名なチャレンジコース、平均斜度25度斜面にコブがびっしり 滑り甲斐が有ります。下に見えるのがゴンドラの降り口そして石子ゲレンデとなります。

・2015年02月22日 山形蔵王スキー。


先週計画していたのですが、天候が悪く今日山形蔵王遠征です。
天気はあまり良くないとの予報でしたが行ってみると飯豊山、朝日連峰、月山、鳥海山まで 見える晴天又樹氷もすばらしくスキーと景色を堪能した一日でした。

   
地蔵岳へのロープウエイから樹氷原の様子、今年は雪が多くきれいな樹氷原が続きます。
樹氷原の中をザンゲ坂樹氷原コース(10Km)が伸びています。
蔵王地蔵岳の樹氷群あたり一面が樹氷です。
ロープウエイ山頂近くの樹氷原。
相馬スキー友の会のメンバーと一緒に記念撮影。
天気が良い為か地蔵岳を横切り刈田岳の方面に行かれる方も多い様です。
樹氷原の中を散策する観光客。
山頂駅の近くにあるお地蔵さん、やっと雪から顔を出している状態です。
樹氷を近くで撮影するとその巨大さが判ります。

・2014年07月29日 北アルプス焼岳登山。


梅雨も明け天気がよさそうなので急遽、北アルプスでも登り易い焼岳に登山する。

   
焼岳の頂上から北アルプスの西穂から奥穂へのつり尾根、そしてその左には尖った形の槍ヶ岳と 眺望は今までにない最高に良い状態でした。
奥穂高から西に位置する笠が岳。
焼岳の頂上から見た上高地、流れる川が梓川。
焼岳の噴煙、活火山の証拠。
頂上の噴火口小さな池となっている。

・2014年07月15日 吾妻連峰東大顛登山。


天元台よりリフトで登り人形石から東大巓に登山。途中池塘群があり眺めも良く木道が整備され ていて気持ちよく登山できるルートでした。

   
人形石から下ったところにいろは沼の池塘群がありワタスゲのみごとな群生が見られます。
いろは沼の池塘。
いろは沼の池塘群人形石側から撮影。
弥平衛平の木道。
アカモノ、花が終わると萼が成長し、果実を包み込み、赤色の偽果となる。 この偽果は食用になり、甘みがありおいしい。
アオノツガザクラ
チングルマ、ほとんどはひげの様になっているのですがところどころにきれいな花で残っています。

・2014年05月02日 湧水の里より霊山散策。


今回は霊山のいつもとは反対側に位置する湧水の里キャンプ場があるところから 登ってみる。登山者もほとんどいないのですが紫明峰の展望、天狗岩などの景色が 楽しめます。

   
湧水の里の管理棟の上にサクラソウが群生している。。
サクラソウの白。
サクラソウの群生。
山波がきれいなこの場所が紫明峰と名付けられた様です。
天狗岩。
天狗岩。

ページトップへ

HOME



inserted by FC2 system